2017.07.20(Thu):海外情報
こんにちは 先週、ジャカルタの実家から帰国しました 両親のもとに昆布だしとか、お酢とか、青汁とか、サプリメントを届けるためだけのデリバリーバカンスとでも申しましょうか…?(笑) 実家ではずっと、2匹のワンコと戯れていました ゴールデンレトリバーの二郎くんと、ジャーマンシェパードの三郎くんです。 日本ではインコライフにどっぷりと浸かっているだけに、とても新鮮な毎日でしたょ♪ 皆さんも実家の画像で癒されて下さいね~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
 
myhouse0.jpg

myhouse1.jpg

myhouse4.jpg

myhouse7.jpg

myhouse9.jpg

myhouse3.jpg

myhouse2.jpg

myhouse10.jpg
スポンサーサイト
2013.01.29(Tue):海外情報
      今月は、バリ島のビーズショップを散策してきました。

ビーズショップ6

   こちらは、スラウェシ通り・バリ島最大の生地問屋街の裏手にある
           こじんまりとした天然石の卸問屋です。

ビーズショップ4

 ここでは、上質のパールとRed Corral(赤珊瑚)の購入がオススメです

beads factory2

  こういう形の赤珊瑚は、日本では滅多に入手できませんからね。。。

ビーズショップ3

  メタルチャームも何点か購入しましたが、クオリティーはイマイチです。

ビーズショップ2

 キャッツアイや天然石(サザレ)は、ご覧の通りの豊富な品揃えでした

ビーズショップ7

  一方、バリ島で浅草橋並みの卸問屋といったら、beadsmart

ビーズショップ8

 大抵のものは日本でも買えますが、お値段はこちらの方が断然安いです。

ビーズショップ9

カラフルなガラスビーズがこんなにたくさんあると、ハートがときめきますね

beads factory

  ここでは、ちょっと珍しいブルー系のアイテムを大人買いしてみました。
   バリ島でしか買えそうにないモノをGETできた事が何よりの収穫!
           またまた創作意欲に火がつきました~
 
 

2013.01.16(Wed):海外情報
     明けまして、おめでとうございます。2013年はバリ島で
    新年を迎え、アメリカ在住の新婚カップルと共に賑やかな
    常夏バカンスを楽しんできました こちらの新婦さんが
    挙式の際に身につけて下さったのが、ビーズカクテルの
    ラビアンローズネックレス デザイナーである私自身が
    こんなこと書くのもなんですが、バリのトラディショナルな
    ウェディングドレスにベストマッチのアクセサリーでした


   34a.jpg

   幸せいっぱいのウェディングセレモニーの模様を御覧下さい

52a.jpg
    
         これからの年月が幸せなものでありますように。。。
           本年もとうぞよろしくお願いいたします。

2012.10.06(Sat):海外情報
今週は、韓国の東大門総合市場(5F)へ、ビーズの買い付け出張に出かけてきました。

東大門総合市場

      総合市場内には、ビーズパーツの卸問屋が所狭しと立ち並んでいて、
           細長~い通路は、まるでエンドレスな迷路のようです。

ビーズ卸問屋5

     普段使いからパーティー用まで、ありとあらゆるアクセサリーが勢揃い

ビーズ卸問屋2

      ビーズの色合いも種類も豊富なので、とにかく目移りしてしまいます。

ビーズ卸問屋8

         値段は表示されていませんが、卸問屋という業態性質上、
         少量単位のディスカウント交渉には、応じてくれません。

ビーズ卸問屋7

       チェーンの専門店では、チェーンが山のように積み上げられており、
                  品数の多さに圧倒されました。

ビーズ卸問屋4

     丸小ビーズや丸大ビーズの品質は形が不揃いで、ちょっとイマイチ

ビーズ卸問屋6

          トンボ玉は、お目当ての色がなかったのでスルーして、

ビーズ卸問屋3

  良質の淡水パール(1本につき5000ウォン=約380円)をまとめて購入しました

ビーズ卸問屋10

      そして、コラージュ用のメタルパーツは、1個につき500ウォンでGET
     細かいキズを気にしない方にとっては、大変お買い得な商品だと思います。

ビーズ卸問屋9

      今回はソウルで最もポピュラーなビーズ市場の模様をお伝えしました。

2012.08.30(Thu):海外情報
        先週、5年ぶりのベトナム出張から帰国いたしました。
        ホーチミン市内のビーズショップでは、御覧の通り、
      バラエティーに富んだアクセサリー類が販売されています。    

  ビーズマーケット6

    ゴージャスなデザインが施されたアクセサリー等も見かけましたが、
     既製品の値段は日本で購入するのと大して変わりありません。

  ビーズマーケット5

          やはり、自分で作るのが一番ということで、
           華人の街「チョロン」へ足を運んでみると、
        ビーズパーツの卸問屋がズラリと軒を並べていました。

  ビーズショップd

    ここでは、キャッツアイや天然石を卸値で購入することが出来ます。   

  ビーズショップc

 店員さんたちも至ってクールで、商品の押し売り等は一切ありませんでした。

  ビーズショップe

      一方、ホーチミンから約5時間ほど車を走らせたところにある、
       小さな海の町「ムイネー」の市場では、良質な淡水パールを
       浅草橋の卸問屋の半値以下でGETすることが出来ます

  ビーズマーケット4

  ディスカウント交渉で、買い手がいかに強気に出るかが勝負だと言えます。

  ビーズマーケット3

  ナイトマーケットの店員さんが、交渉の傍ら、少々苦笑いをしていました。  

         ビーズマーケット2

      というわけで、今回はHOTでエキサイティングなベトナムの
           ビーズ市場巡りの模様をお伝えしました。